最後に編集されたのは 管理者
04.01.2021 | 歴史

赤鬼奉行根岸肥前 耳袋秘帖 (文春文庫)

  • 34 読みたい
  • 66 現在読んでいるもの

発行元 風野真知雄 .

    Download 赤鬼奉行根岸肥前 耳袋秘帖 (文春文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 赤鬼奉行根岸肥前 耳袋秘帖 (文春文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 赤鬼奉行根岸肥前 耳袋秘帖 (文春文庫) 無料で, 本の無料読書 赤鬼奉行根岸肥前 耳袋秘帖 (文春文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 赤鬼奉行根岸肥前 耳袋秘帖 (文春文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  風野真知雄
    • レーベル:  文春文庫
    • シリーズ名:  耳袋秘帖・殺人事件シリーズ
    • 発売日:  2013年01月25日
    • 出版社:  文藝春秋
    • 商品番号:  4390000001218
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    若い頃、肩に赤鬼の刺青を彫る無頼をしながら、62歳で南町奉行まで昇り詰めた名奉行・根岸肥前守鎮衛(ねぎしひぜんのかみやすもり)。「大耳」の綽名を持つ彼が奇譚を記した随筆『耳袋』には、誰にも見せないもう1つの秘帖版『耳袋』があった。物を言う猫、続けて人が死ぬ井戸……根岸が同心の栗田、家来の坂巻とともに江戸の怪異を解き明かす「殺人事件」シリーズ第1弾!

あなたも好きかもしれません

赤鬼奉行根岸肥前 耳袋秘帖 (文春文庫) by 風野真知雄 ダウンロード PDF EPUB F2

ちょっとした偶然から風野さんの本に出合いました。江戸の町の描写がとても好きです。風野さんの文を思い起こしながら、今の東京を眺めると楽しみが広がります。24冊という分量で読みごたえもありますし、それぞれの巻がある程度独立しているので、一冊読んだ後に先が気になって寝られないという焦燥感にかられずに落ち着いて読破できました(笑) 文体は男女どちらにも読みやすいと思います。江戸時代の人物の描写だけでなく、町の様子の描写が、しっかりと下調べされて書かれているように感じました。東京の街を散歩するのを趣味にしているので、全巻を読み終わった後、もう一度読み返しながら街歩きをするのを楽しみにしています。気楽に読める時代物でありながら、読みごたえも十分な小説です。何かいい小説を探している方にお勧めしたいと思って、レビューを書くことにしました。参考になれば幸いです。