最後に編集されたのは 管理者
15.11.2020 | 歴史

資本主義の克服 「共有論」で社会を変える (集英社新書)

  • 54 読みたい
  • 82 現在読んでいるもの

発行元 金子勝 .

    Download 資本主義の克服 「共有論」で社会を変える (集英社新書) 本 Epub や Pdf 無料, 資本主義の克服 「共有論」で社会を変える (集英社新書), オンラインで書籍をダウンロードする 資本主義の克服 「共有論」で社会を変える (集英社新書) 無料で, 本の無料読書 資本主義の克服 「共有論」で社会を変える (集英社新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 資本主義の克服 「共有論」で社会を変える (集英社新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  金子勝
    • レーベル:  集英社新書
    • シリーズ名:  資本主義の克服 「共有論」で社会を変える
    • 発売日:  2015年06月26日
    • 出版社:  集英社
    • 商品番号:  4823220110001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    資本主義の歴史を俯瞰し、著者はその歩みを、国民国家の膨張とその衝突と捉える。その中で、戦争や大恐慌などの歴史的転換期に起きる「非線形変化」と、経済循環による「波動」をつかむことで、危機的状況にある資本主義の病理を浮き彫りにする。税制や社会保障制度などの新たな枠組みは、今日のような歴史的転換期に更新されていく。そこに、これらの制度やルールの空白が生じ、「独占」が生まれる。「独占」に抗し、「失われた30年」とも言われる閉塞状況を打破するには、社会を変えていく原理として、制度やルールの「共有」が有効となる。個人の自由と平等を保障しつつ、新しい産業構造への転換を促す道を提示する。【目次】序章 ワンフレーズ化された経済政策/第一章 共有論のパースペクティブ/第二章 グローバリズムの歴史的意味/第三章 グローバリズムは何を強要するのか/第四章 資本主義はどう変化してきたか/第五章 社会保障制度における「自由と平等」/第六章 波動から資本主義を見る/第七章 新しい独占をめぐる対抗/第八章 地域民主主義の可能性/あとがきにかえて

あなたも好きかもしれません

資本主義の克服 「共有論」で社会を変える (集英社新書) by 金子勝 ダウンロード PDF EPUB F2