最後に編集されたのは 管理者
13.11.2020 | 歴史

捜す人 津波と原発事故に襲われた浜辺で (文春e-book)

  • 62 読みたい
  • 6 現在読んでいるもの

発行元 none .

    Download 捜す人 津波と原発事故に襲われた浜辺で (文春e-book) 本 Epub や Pdf 無料, 捜す人 津波と原発事故に襲われた浜辺で (文春e-book), オンラインで書籍をダウンロードする 捜す人 津波と原発事故に襲われた浜辺で (文春e-book) 無料で, 本の無料読書 捜す人 津波と原発事故に襲われた浜辺で (文春e-book)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 捜す人 津波と原発事故に襲われた浜辺で (文春e-book) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  廣瀬正樹
    • レーベル:  文春e-book
    • 発売日:  2018年08月09日
    • 出版社:  文藝春秋
    • 商品番号:  4390000004547
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    原発事故のため立ち入りさえ許されない地域で、行方不明の家族を捜し続ける人々。

    当事者に寄り添い、“福島の現実”に肉薄した慟哭のノンフィクション。


    〈3月11日のあの日以来、世間では様々な言葉が飛び交ってきた。「絆」「復興」「がんばろう日本」「脱原発」。そのどれもが、「日本」や「社会」といった大きな主語で語られる言葉だった。だがあの震災の当事者たちはそんな言葉に構う暇もなく、ただあの日から続く目の前の現実の中を、一日一日、生き抜いてきたのである。もし「福島の現実」というものがあるとしたら、その一人一人が積み重ねてきた日々のことなのかもしれない。〉ーー「あとがき」より


    家族が行方不明になったにもかかわらず、原発事故で地域が封鎖され、捜索活動さえままならなかった人々。

    「生涯福島のために尽くす」と誓った東京電力幹部。

    彼らは何を思い、いかに行動し、“震災後の日常”をいかに生きてきたのか。

    元テレビマンが地を這う取材でまとめ上げた渾身の一冊。


    天童荒太氏推薦

    〈真実を知ることが希望につながる。希望を信じて生きることが失われた命への誠実な祈りとなる。〉

あなたも好きかもしれません

捜す人 津波と原発事故に襲われた浜辺で (文春e-book) by none ダウンロード PDF EPUB F2