最後に編集されたのは 管理者
16.11.2020 | 歴史

学校の「当たり前」をやめてはいけない! 現場から疑う教育改革

  • 17 読みたい
  • 59 現在読んでいるもの

発行元 工藤 勇一 .

    Download 学校の「当たり前」をやめてはいけない! 現場から疑う教育改革 本 Epub や Pdf 無料, 学校の「当たり前」をやめてはいけない! 現場から疑う教育改革, オンラインで書籍をダウンロードする 学校の「当たり前」をやめてはいけない! 現場から疑う教育改革 無料で, 本の無料読書 学校の「当たり前」をやめてはいけない! 現場から疑う教育改革オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 学校の「当たり前」をやめてはいけない! 現場から疑う教育改革 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  諏訪哲二
    • 発売日:  2020年10月02日
    • 出版社:  (株)現代書館
    • 商品番号:  9784768440179
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    ベストセラー『学校の「当たり前」をやめた。』徹底批判!


    麹町中学校長、工藤勇一氏のベストセラー『学校の「当たり前」をやめた。』(時事通信社)を徹底批判。学校の「当たり前」を廃止して教育を合理化する工藤校長の学校改革は、はたして子どものためになるのか。教師は、個人の力量や経験だけではカバーしきれない部分を、学校の「当たり前」で補っているという持論を基に展開。同書を適宜引用しながら、学校共同体の大切さや定期テストの意義、担任の権威性、近代的人間が備えるべき教養など、著者の現場での経験を踏まえて幅広く言及し、学校のあり方を考える。


    【目次】

    第一章 学校が子ども・社会に果たすべき役割

    第二章 「人間形成」か「経済的利益」か

    第三章 工藤勇一著『学校の「当たり前」をやめた。』を読む前に

    第五章 『学校の「当たり前」をやめた。』が目指すもの

    第六章 「教育の原点」の既視感

    第七章 学校を動かす四つの「ちから」

    第八章 社会と学校のつながり

    第十一章 学級はいらない?


    【著者】

    諏訪哲二

    1941年千葉県生まれ。東京教育大学文学部卒業。埼玉県立川越女子高校教諭を2001年に定年退職。「プロ教師の会」名誉会長。作家。著書に『オレ様化する子どもたち』『いじめ論の大罪』『尊敬されない教師』など。

あなたも好きかもしれません

学校の「当たり前」をやめてはいけない! 現場から疑う教育改革 by 工藤 勇一 ダウンロード PDF EPUB F2