最後に編集されたのは 管理者
21.11.2020 | 歴史

ひょうすべの国 植民人喰い条約

  • 37 読みたい
  • 14 現在読んでいるもの

発行元 笙野頼子 .

    Download ひょうすべの国 植民人喰い条約 本 Epub や Pdf 無料, ひょうすべの国 植民人喰い条約, オンラインで書籍をダウンロードする ひょうすべの国 植民人喰い条約 無料で, 本の無料読書 ひょうすべの国 植民人喰い条約オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 ひょうすべの国 植民人喰い条約 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  笙野頼子
    • シリーズ名:  ひょうすべの国 植民人喰い条約
    • 発売日:  2016年12月16日
    • 出版社:  河出書房新社
    • 商品番号:  4914157020001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    ひょうすべに支配され、暴力と抑圧が加速する世界で、詩歌は生き延びることができるのか……腐敗した現代社会に亀裂を穿つ、笙野頼子の新たなる地平!


    【あらすじ】

    「NPOひょうげんがすべて(ひょうすべ)」と「知と感性の野党労働者党(知感野郎)」が政権を握った国・にっほん。そこでは人殺しの〈自由〉、弱者を殴る〈平等〉、餓死と痴漢強姦の偏りなき〈博愛〉がまかり通っていたーー。

    千葉県S倉市に住む埴輪詩歌は、「指導教授」でもある最愛の祖母・豊子をひょうすべに殺される。母が営む花屋は世界企業に潰され、父は「少女遊郭」に入り浸り死んだ。やむなく詩歌は少女遊郭の「ヤリテ」見習いに入るがたちまち馘、そこで出会った夫も、人喰いの餌食に。時は流れ、権力者からの求愛、世界を揺るがす手紙がもたらされたのだが……詩歌の〈生〉とは何であったのか!?地に堕ちた自由と民主主義を問い直す、予言的物語。

あなたも好きかもしれません

ひょうすべの国 植民人喰い条約 by 笙野頼子 ダウンロード PDF EPUB F2