最後に編集されたのは 管理者
16.11.2020 | 歴史

愚者のエンドロール 「古典部」シリーズ (角川文庫)

  • 97 読みたい
  • 27 現在読んでいるもの

発行元 米澤 穂信 .

    Download 愚者のエンドロール 「古典部」シリーズ (角川文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 愚者のエンドロール 「古典部」シリーズ (角川文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 愚者のエンドロール 「古典部」シリーズ (角川文庫) 無料で, 本の無料読書 愚者のエンドロール 「古典部」シリーズ (角川文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 愚者のエンドロール 「古典部」シリーズ (角川文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  米澤 穂信
    • レーベル:  角川文庫
    • シリーズ名:  「古典部」シリーズ
    • 発売日:  2012年10月25日
    • 出版社:  KADOKAWA
    • 商品番号:  4330025206000
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    「わたし、気になります」文化祭に出展するクラス制作の自主映画を観て千反田えるが呟いた。その映画のラストでは、廃屋の鍵のかかった密室で少年が腕を切り落とされ死んでいた。誰が彼を殺したのか? その方法は? だが、全てが明かされぬまま映画は尻切れとんぼで終わっていた。続きが気になる千反田は、仲間の折木奉太郎たちと共に結末探しに乗り出した! さわやかで、ちょっぴりほろ苦い青春ミステリ! <古典部>シリーズ第2弾! ※本電子書籍は通常版です。発売が終了した限定版とは書影画像が異なりますが、内容は同じものです。

あなたも好きかもしれません

愚者のエンドロール (角川文庫) by 米澤 穂信 ダウンロード PDF EPUB F2

Why didnt she ask EBA?
千反田さんの疑問が、折木君に再考を促し、自分の果たした役割に気づくことに…。
クリスティを意識したものでなく、バークリーの「毒入りチョコレート事件」の、複数の推理が導かれる形式の方だそうです。千反田さんが気にしていた思いは、「なぜエヴァンズに頼まなかったのか」というのをもじったとしか思えない、なぜ江波さんに尋ねなかったのか、でしたが。
「万人の死角」はアニメの助けなしには、状況を把握できなかったと思います。原作ではまだビデオテープの時代だったんですね。
前半での入須先輩の台詞に、「ね」とか「よ」がつけられているところが、その前後の断定的な語尾とアンバランスな感じがしました。視覚的情報がないので、女性の台詞だとわかるようにしたのかなと思いますが、冷徹に物事を解決に導く彼女には、不要だったかもと感じました。