最後に編集されたのは 管理者
14.11.2020 | 歴史

国芳一門浮世絵草紙2 あだ惚れ

  • 53 読みたい
  • 61 現在読んでいるもの

発行元 河治和香 .

    Download 国芳一門浮世絵草紙2 あだ惚れ 本 Epub や Pdf 無料, 国芳一門浮世絵草紙2 あだ惚れ, オンラインで書籍をダウンロードする 国芳一門浮世絵草紙2 あだ惚れ 無料で, 本の無料読書 国芳一門浮世絵草紙2 あだ惚れオンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 国芳一門浮世絵草紙2 あだ惚れ 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  河治和香
    • シリーズ名:  国芳一門浮世絵草紙
    • 発売日:  2013年02月15日
    • 出版社:  小学館
    • 商品番号:  4321972950002
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    情と粋がたっぷりの、注目シリーズ第2作!


    〈あだ惚れ〉とは、むなしい恋のこと。登鯉の幼なじみの芸者ちょん太が、亡くなった花魁・髑髏太夫の男に恋心を抱く(「裾風」)。13歳の時に天狗にさらわれ戻ってきたという、国芳の女弟子芳玉。その天狗が現れたときの、芳玉の気持ち(「馬埒」)。国芳と北斎とのたった一度の邂逅(「畸人」)。夫婦にと薦められた武士をめぐる登鯉の、心の動き(「桜褪」)。高野長英の脱獄で見せた、遠山の金さんの心意気(「侠気」)。注目のシリーズ第2弾!

あなたも好きかもしれません

国芳一門浮世絵草紙2 あだ惚れ by 河治和香 ダウンロード PDF EPUB F2